・・・ お爺ちゃんの背中 ・・・ E-1 ZD50-200mm/F2.8-3.5 「ここは涼しいですよ」 「風がねぇ通ってるんですよ」 「良かったらどうです?いっしょに」 まだとてもお年寄りと言うには相応しくないかもしれないすがすがしい感じのお爺ちゃん(失礼)が、ちょうど風の通り道となっている小高い石段の登り切った日陰で椅子に座り、孫の姿を遠目に見守っていました。 何を思いながら見ているのでしょうか? 日々の孫の成長を楽しみに、遠くから見守りたいんでしょうね。 お爺ちゃんの優しさかな?(^^) それとおじいちゃんの背中、なんとなく誇らしく見えましたよ。 ・・・ 子供の背中 ・・・ E-1 ZD50-200mm/F2.8-3.5 もうじき出番が控えています。 まさに緊張の思いで一杯でしょう。 今日は毎日練習を積んできた “ソーラン節” のお披露目です。 みんな揃いのハッピ姿で、いよいよ出陣です。 小さいながらも失敗したくないと思うあまりの緊張感が伺えます。 良いんだよ!失敗なんて怖くないからさ、一生懸命に最後まで踊り切ることだよ。 ガンバレ! ・・・ お母さんの背中 ・・・ E-1 ZD50-200mm/F2.8-3.5 期待はすれど、内心不安で一杯なんでしょうね。 本当ならすぐ側で大きい声上げて声援を送りたいんでしょうけれど・・・ 自分の子供がリレーの選手になった嬉しさと、自分の子のミスで・・・と思うと前に行けないんでしょうか。 小さな声で(本当は大きいんでしょうが)ガンバ!レガンバレ!と声援を送りつつ、自分の子が無事に走り終えると安堵感と共にスーッと肩の力が抜けることでしょう。 この感覚ってお母さんならではかな? 良かった良かった・・・私の子、頑張ったよなぁ 満足感がジワーッとあふれることでしょうね。